観光タクシーの用途を知って利用してみよう

観光タクシーの用途を知って利用してみよう 観光タクシーという言葉をよく聞くようになりました。観光地をいくつか効率よく回りたいときに、利用するのが主な利用方法です。観光バスは大人数の場合とても便利ですが、ルートはあらかじめ決まっているため、必ずしも自分が行きたいところだけ回れるというものではありません。それぞれの観光地で使える時間も決まっているため、じっくり堪能できないこともあります。少人数で移動する場合、バスよりももう少し小回りのきくタクシーを選ぶことが多くあります。そうすることで、自分たちの行きたいところに行くことができます。

観光タクシーを利用すると、どの場所でどのくらい時間を取るかという細かい部分も融通がきくので、存分に観光を楽しむことができます。また、駐車場なども観光地により近いところにつけることができるので、移動時間が短縮され観光により時間を割けるという利点があります。

観光地を巡るという利用方法以外にも、色々な用途があります。例えば、空港や駅に到着したお客さんをピックアップして会社や学校に送迎する時も観光タクシーを利用できます。時間のロスなく目的地に到着できるのは便利です。出張などで限られた時間の中、いくつかの企業や工場を回りたいという要望にも応えてくれます。

少人数の社員旅行などにも観光タクシーが便利です。社員の誰かがドライバーとなって、社用車で旅行することや公共の乗り物を使うこともできます。が、そうなると社員の一人はワイワイ楽しむことができなくなります。公共の乗り物は乗り継ぎや待ち時間が長いと、せっかくの旅行なのにロスが多くもったいないです。社員全員がリラックスして過ごすために観光タクシーを利用する会社も増えています。

次に観光タクシーの種類についても、確認しておきましょう。一番大きなタイプはワゴン型タクシーです。10名未満で利用でき、ゴルフツアーや大きな機材を運びたい時も便利なタイプです。荷物をいっぱい入れても、ゆったりと乗ることができます。中型、小型タクシーはよく見るタイプのタクシーです。4名程度でゆったりとしたシートで移動したいとき、VIPなお客さんを観光案内したい時などに利用されています。

最近では高齢者が移動するときにも、観光タクシーを利用することが増えています。福祉タクシーと呼ばれる車両は、4名から6名程度乗ることができ、車いすごと乗車できるタイプのものもあります。普通の車両なら車いすから下りて車にのり、また車から降りて車いすに乗り換えるという手間が必要です。介護する側も面倒でついつい外出を控えがちになる、ということがあることでしょう。福祉車両タイプのタクシーは、手間をかけずに高齢者が移動することができます。

観光タクシーは乗っている人数で割ると、割安で利用することが可能です。ホームページなどで無料の見積もりができるサイトも多くあります。まずは見積もりをしてみると良いかもしれません。実際に利用すると、更に詳しい詳細がわかります。ホームページにお客様の声が掲載されているものもあります。何名で利用したか、運転手さんの雰囲気はどうだったか、料金はどうだったか、実際の感想をチェックすることができます。

観光タクシーは自分でルートを色々と設定できることが魅力ですが、中には知らない土地なのでオススメの観光地を教えてほしいという要望もあります。有名な観光地なら、タクシー会社でオススメするルートを設定してくれていることがあります。皆が行きたいところを余すところなく、効率よく回ってくれるのでとてもお得です。まずはどんなサービスがあるか、どんなタクシーの種類があるのかネットで調べてみると良いでしょう。愛媛県行ってみない?

最新ニュース